FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツグミの種類

 こないだの日記で「ホビット」に登場するツグミの種類が分からん、なんて話を書きましたが、その後改めてツグミの種類についてふらふら検索して眺めていたら、ふと「ウタツグミ」という種類が目に留まりまして。ヨーロッパに生息する種類で、さえずり声が美しいことから「ウタツグミ」(Song Thrush)と呼ばれている種類なんだそうです。なんだかちょっとトールキン的でいいなあなんて思っていましたら。なんと「生態」のところに以下のような記述が。
 
 「カタツムリを捕らえた時には、石や木の株に打ち付けて殻を壊してから中身を食べる習性で知られる。」

 なんて書いてあるじゃないですか。「トン!」ですよ。「トン!トン!トン!」って。なんかもうこれを見た瞬間に「あ、こいつだ!」って思ってしまった。ビルボの目の前にやってきて、岩の上でカタツムリをついばむあのシーンです(ちなみに英語版Wikipediaの記事だとさえずり声とカタツムリを叩く動画が見られます)。
 ただ、外見は頭から背は茶褐色、腹は白に黒点で脇腹に黄褐色が混じるという感じだそうで、「ホビット」で描かれているツグミとは少し見た目が異なるようです(こちらのサイトのイラストだとちょっと近いように見えますが)。これをもっと背を黒くしたりすれば「ホビット」に登場するツグミに近くなるかもしれません。
 しかしカタツムリをついばむ描写なんかはこのウタツグミの習性そのもの(に見えます)ですし、もしかしたらトールキン教授はこれをもとにあの場面を書いたんだろうか、なんて思ってしまいました。
 
 というわけで、次に例のツグミを絵に入れる場合は、この鳥をモデルにすればいいんだ!とちょっとした発見に嬉しくなってしまったのでありました。
 
-------------------------------------------
 
◆前回の日記に拍手をありがとうございました!
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメハメIII世

Author:カメハメIII世

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。