FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふしぎなお客

 先週末のことです。
 庭先で何か妙な声が聞こえるので、耳を澄ますとどうも猫の鳴き声。野良でも通りがかったかと思って庭に出てみても、一向に鳴き声が止む様子がなく(野良ならすぐ逃げるので)、おかしいな?と思いつつふと牡丹の葉の下を見ると、なんと寝そべりつつ鳴き続けている一匹の黒猫の姿が。
 野良が迷い込んできたのかな?としばらく様子を見つつ逃げてくれるのを待っていたのですが、逃げるどころか徐々に近づいてきます。半ばあきれながらベランダまで戻って座っていると、またそろそろと近づいてくる。すぐそこまで来たところで手を差し出してやると、一瞬躊躇したのちその手に頭をこすり付けてきて、後はもうそれで安心したのかとにかくじゃれることじゃれること。
 
 見ると幼猫とまではいかないのですが身体は成猫より少し小さく、痩せていてるのですが、目は金色、毛並みは黒々としてそれなりに艶があって、襟毛と尻尾はふさふさ、そこに若干赤茶の毛が混じり、尻尾には白髪のように白い毛が混じっています。人懐っこさから飼い猫かな、とも思ったのですが、左目は瞬膜が白く濁り、よく見ると右の内股の一部の皮膚が剥き出しになって赤く血が滲んでいます。目元には目ヤニがたくさん付いていたので、動物用のウェットティッシュで顔を拭いてやると、中々いい顔立ちの猫です。
 
 この子は飼い猫なのか野良なのかといぶかしんでいたのですが、黒猫くんがもうとにかく高く甘い鳴き声を発しながらひたすらに擦り寄ってじゃれてくるもので、ついつい気を許して頭だの背中だの撫でまくってしまう自分。ひとしきり撫でたところで我に返り、あまり構いすぎても良くないなとその場を離れて家の中に入ろうとしたのですが、黒猫くん踏み出した足にぴったりと寄り添ってついてくる。それどころか、普通に家の中に入ってこようとする始末。こりゃ完全に懐かれてしまった、となんとか引き離して家の中に退避するも、黒猫くん今度はベランダを占拠してずーっと家の中を伺い、人の姿が見えると窓越しにミャーミャーと鳴き続けます。
 
 どうにも困ってしまって家族と協議した結果、とりあえず放っておいて様子を見るしかないということに。カーテンを下ろして見えないようにしておいて、なるべく窓辺には近づかないようにしていたのですが、夕食を終えてすっかり暗くなってもまだベランダにうずくまり、人が来るのを待っている様子。その姿があんまりにも寂しそうなもので、夜中に何度か様子を見に行ってしまったのですが、その度に鳴きながら自分に甘えてくるもので、またつい撫でたり遊んだり。
 
 結局その晩はずっとベランダで寝て過ごしたようで、翌日様子を見に行くとまたじゃれる、じゃれる。放置しようと思ったのにもうすっかり情が移ってしまっています。そばに座ってやると、親猫に甘えるように頭や体をこすり付けて、手に絡み、甘噛みし、すっかり安心したのかくっつきながら仰向けになって寝ています。二晩目には、良くないと思いつつも余っていた段ボール箱を引っ張り出してきて、新聞紙と古着を詰めて置いてやると、それが何だかすぐに分かったようにごろんと寝転がる黒猫くん。寝床気に入ってくれたかい。そうかそうか。
 
 こんな感じで情に流されまくっていたのですが、家の中には入れられないし、うちにはモフ猫どのもいるので飼うことはできませんし(猫どのは黒猫くんの匂いの付いた自分に対してえらい剣幕で威嚇してきました…)。見たところずっとうちの周りに居着いているようで、何か食べていたような様子はないけど、食べ物まで与えたらそれこそ後戻りできなくなるし、どうしたもんか…と悩んでいた週末明けの月曜。やっぱり世話をしつづけるのは無理かな、と、とりあえず明け方に寝床は撤去。家族によると、その後夕方までは前日までと同じようにずっとベランダを占拠して寝転がっていたそうなのですが、夕方ぐらいにフラリとどこかに去っていったそうです。
 
 それっきり、黒猫くんは姿を現しておりません。野良みたいな様子だったけど、驚くほど人懐っこくて、人に対して甘え慣れしていて、居着いてしまうかと思ったらサッとどこかに消えてしまって。この猫をどうしたらいいか、保護して飼い主や貰い手を探したらいいのか、色々心を悩ませたのですが、あの子はなんだったんだろうなあ。

mor.jpg
 
 今頃どうしているのか。どこかでちゃんと生きているだろうか。案外ちゃっかりどこかのお宅で世話になっているのかもしれません。ベランダに座ると、まだあの痩せた背中の感触がありありと蘇ってきます。
 
----------------------------------------------------------------------
 
◆前回および以前の日記へ拍手をありがとうございました!
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメハメIII世

Author:カメハメIII世

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。