FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月イラストまとめ

七月になってすっかり夏らしくなってきました。これからもっと暑くなるかな。
 
miriel160605.jpg
 ミーリエル。読書会でフィンウェとミーリエルの物語を読んで、改めて描いておきたいなあと思ったもので。もう少しあごのラインをほっそりさせたら良かった気がする。でも最初からいかにも儚そうな感じもアレかな。「可憐な花のような」というイメージはあるのですが。またそのうち顔立ちを考え直してみようかなと(インディスとの対比も考えないといけないので)。ちなみにこれはフィンウェさんとの新婚当時を想定しています。
 
feanor_nerdanel160610.jpg
 読書会でついでにHoMe10にあるフェアノールとネアダネルの馴れ初め部分(p.272)を読んでいたら、なんだかこんな様子が思い浮かんできてしまったもので。居場所がなくて(おそらく)アマンの中を彷徨っていたフェアノールと、外を歩き回るのが好きだったネアダネルが、ある日どこかで出会って…と。一目惚れだったのかそれとも旅を重ねるうちに打ち解けていったのか。なおこの時代のアマンにおにぎりがあったかどうかは調査中です。
 
fathersday_cat160619.jpg
 父の日にまたシルミャリル絵。フィンニェパパと息子たち。こんな状態でも「子供に囲まれて幸せだなあ」とか思っていそうな父親です。娘たちはちと割愛(まだデザイン思い浮かばないので)。
 
finwefeanor160624.jpg
 HoMe10でのフィンウェがフェアノールにとって「父であり母であった」という記述が印象に残っていて、母のように幼い長男を抱っこするフィンウェを描きたいなと。…でもやっぱりもっと子供が欲しくて再婚しちゃう。おそらくそれはフィンウェの中でフェアノールに対する愛情とは対立するものではないんだろうけど、でもフェアノールの立場からは複雑だったろうなあと。それでも彼にとって父を憎むという選択肢は無かったようですが。
 
fingon_midsummer160620.jpg
夏至絵として描いたフィンゴン。少しずつ明けてゆく東の空を望みつつ、この曙光の下に親友はいるのだろうか。この曙光の如く闇を追い払うことができるのだろうか。ここから「ウトゥーリエン・アウレ!」までのフィンゴンは、本当にどう切り取っても絵になりそうで何度読んでも胸が高鳴ります。
 それとまた再び悠樹さんのフィンゴンヘアーをお借りしてしまいました(結局お借りしておいてちゃんとした絵を描けていなかったので…;)。改めまして、髪型お貸しいただいて大変感謝です。
 
------------------------------------------------------------------------
 
◆前回の日記に拍手をありがとうございました!
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメハメIII世

Author:カメハメIII世

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。